SERVICES診療内容

向洋駅前心療クリニック 待合室

当クリニックでは、うつ病などの気分の病気、パニック障害・対人緊張などの不安の病気、発達障害など幅広く精神疾患の治療を行っており、認知症をはじめとした老年期の精神障害の治療も熱心に取り組んでおります。
また、ストレスの影響で倦怠感・痛みや動悸などの辛い身体の症状でお困りの場合なども、積極的に診療しております。
患者様のお話をしっかりとお聞きした上で、診断基準を元に的確な診断を行い、根拠に基づいた適切な治療選択肢をご提案させていただきます。

うつ病(気分障害)について
うつ病(気分障害)は、脳内の神経伝達物質のアンバランスにより、気分や感情をうまく調節できなくなり、心身の不調が表れる病気です。抑うつ気分や抑制症状が長引き、「眠れない」「食べられない」などのつらい状態が続くため、徐々に日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。こじれると自ら死を選んでしまうこともあり、早期診断・早期治療的支援が望まれます。

うつ病(気分障害)は、適切に診断・治療すれば完治する病気です。
以下のような症状が1~2週間以上続く場合、早めの受診・相談をされることをおすすめ致します。
  • 心に現れる症状
  • 好きだった事への興味や楽しみがなくなる
  • 新聞やテレビを見なくなる
  • 人付き合いが嫌になる
  • 仕事が急に遅くなる
  • 身だしなみがだらしなくなる
  • ゆううつな気分や気持ちの落ち込みが続く
  • 過去の出来事を思い出して悩む
  • 季節感が感じられなくなる
  • 将来への希望がなくなり、悲観的に考えるようになる
  • 焦ってイライラする
  • 何でも自分の責任だと感じてしまう
  • 集中力がなくなり、能率が低下する
  • 物事の判断が遅くなり、自分で決断できなくなる など
  • 身体に表れる症状
  • 食欲がわかず、食べ物がおいしく感じられなくなる
  • 性的関心や性欲が極端に落ちる
  • ダイエットをしているわけでもないのに、体重が減少する
  • 胃もたれ、吐き気、下痢、便秘などの胃腸症状が続く
  • 眠りが浅くなったり、早朝に目覚めたりすることが続く
  • 微熱や低体温が続く
  • 体がだるい、疲れやすい、億劫さが強い
  • 時々めまいや耳鳴りの症状がある
  • 周りの音が気になってビクビクしてしまう など
不眠症について
不眠症とは睡眠時間の長さではなく、目覚めた際のだるさや眠気、日常生活の中で支障をきたしてしまう症状を指します。仮に、睡眠時間が短くても目覚めが爽快であり、日常生活に支障がなければ不眠ということにはなりません。

現在不眠症の患者様は日本では5人に1人の割合だと言われていますが、年齢を重ねるに従い、不眠症の割合は高くなってゆくといわれています。不眠症が続くと、日常生活を送る上で多くの支障をきたします。具体的には下記のような影響が考えられます。
  • 不眠症の影響
  • 集中力、記憶力、注意力、判断力の低下
  • 仕事や運転中のミス
  • イライラ感・ソワソワ感・焦燥感
  • 緊張、頭痛、胃腸の違和感などの身体症状
  • 日中の眠気
  • 倦怠感あるいは不定愁訴
  • やる気が出ない
適応障害について
適応障害とは、自分のまわりの社会環境にうまく馴染むことができず、ストレスを抱えることによって、心と身体の両方に様々な症状があらわれてくる状態をさします。環境と個人の資質とのミスマッチが原因ならば、どんな人にも起こりうるといえましょう。

入学・就職・引っ越し・結婚など、身の回りの環境が変化した際にうまくいかないと、それぞれ不登校、職場不適応、家庭では別居あるいは離婚などといった形で現れます。
  • 心に現れる症状
  • 何事にも不安になる
  • 気分が落ち込み、抑うつになる
  • 焦りやすく、焦燥感が強くなる
  • 感覚が過敏になる
  • 身体に表れる症状
  • 眠れなくなる、眠ってもすぐ目が覚める
  • 食欲不振
  • 胸がどきどきする、苦しくなる、息切れ、動悸
  • だるい、疲れやすい
  • 頭痛、肩こり、腹痛など
対人緊張症について
人前に出ると「恥ずかしい思いをするのではないか」と不安になったり、緊張してしまうことは誰もが経験したことがあるでしょう。

通常であればそれはごく自然なことなのですが、対人緊張症(社交不安障害、SAD)は、人からどのように見られているのかを必要以上に気にしてしまう病気で、不安や緊張の度合いが大きく紅潮や発汗、ふるえ、腹痛などの症状が現れる場合があります。

また、このような症状がまた出てしまうのではないかという不安が強くなって、人が集まる場所を避けるようになります。その結果、学業や就業、さらには結婚などの社会生活に大きな問題を抱えてしまいます。以下のような状況が耐え難く、そのような状況をできるだけ避けようとすることが特徴です。
  • 耐えがたい具体的な状況
  • 会議中(特に自分の報告・発表など)
  • 上司やあまり面識のない人との会話の時
  • 人前で何かをする時
  • 試験や仕事の面接を受けている時 など
パニック障害について
パニック障害は、突然何のきっかけもなく心臓がドキドキしたり、息苦しくなったり、めまいなどの身体症状を伴う、耐え難い発作が起きる精神疾患で、軽いものまで含めると、非常に多くの方がこの障害に悩んでいます。

発作がおさまると症状は見られなくなり、検査をしても異常は見つかりません。しかしパニック障害の症状は反復する傾向があるため、「またあの発作が襲ってくるかもしれない」という予期不安が強くて、一人で外出できなくなったり、電車・バス・飛行機など、公共の乗り物に乗れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。

またうつ病・うつ状態を合併することもあり、逆にうつ病がきっかけとなりパニック発作が起きる場合もあります。

放っておいて自然に良くなることはあまり期待できず、多くは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化してしまいますが、早期に治療をすれば完治するものです。お早めにご来院ください。
  • 心に現れる症状
  • 強い不安感
  • 非現実感
  • 自分が自分ではない感じがする(離人感)
  • このまま死んでしまうのではないかという強い恐怖
  • 身体に表れる症状
  • 心臓がドキドキする(動悸・心拍数の増加)
  • 急に汗が出てとまらない、脂汗が出る
  • 身体が震える
  • 呼吸が早くなり、息切れや息苦しさがある
  • 身体の一部がしびれるたり、うずいたりする
  • 悪寒がする、または火照る
  • 喉に何か詰まったような窒息感がある
  • 胸の痛みや不快感
  • 吐き気や腹部の不快感
  • めまい、ふらつき、気が遠くなるような感じがする
強迫性障害について
「潔癖症」という言葉を耳にすることが多いと思います。清潔へのこだわりが度を超して長時間手洗いをしたり、消毒液を使いすぎて、逆に肌荒れを起こしたり、日常生活に支障を来すようですとそれは強迫性障害の可能性があります。
また、外出した際 「鍵をかけ忘れたかな?」「コンセントは抜いたかな?」などと不安になり、そんな不安が度を超して何度も繰り返し確認しても安心できず、予定の時間に遅れてしまったり、外出すること自体を諦めてしまったりしてしまったりすることも、強迫行為のひとつです。

強迫性障害の根底には、自分でも「ばかばかしい」「不合理だ」と解っているにもかかわらず、強迫観念が存在しています。そしてその観念がもたらす強い不安を中和するために、強迫行為が現れます。

具体的には、以下のような分類があります。
  • 不潔恐怖(潔癖症)
  • 手がバイ菌に汚染されているという観念によって何度も執拗に手洗いする。またドアノブなど、人の手が触れた物がバイ菌に汚染されているという恐怖のため触ることが出来ない。
  • 確認恐怖(確認癖)
  • 戸締まり、ガスの元栓、電気のスイッチなど何度も確認しないと気が済まず、目的の行動が遅くなったり、できなくなったりする。
  • 儀式的行為
  • 自分で決めた手順で物事を行わないと不吉なことが起きるのではないかという不安・恐怖から、次第に手順が儀式化し、物事が先へ進まない。
  • 保存恐怖
  • 後で必要になるのではないか不安で、物を捨てられない。不要とわかっていてもため込んでしまう。これが行き過ぎるとゴミ屋敷化してしまう。
発達障害について
発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。症状の特徴によりいくつかに分類されますが、いくつかの発達障害を合併することもあり、知的障害や精神障害が合併していることもあります。

脳機能の障害が原因とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていないのが現状です。我が子の発達障害が発覚した際に、自分を責めてしまう親もいますが、しつけや育て方・環境などが原因ではありません。もちろん、本人の怠慢などでもありません。

この病気には、適切な支援が必要です。適切に対処しなければ悪影響を及ぼし、症状が悪くなったり、二次障害を引き起こしたりしてしまいます。お早めに専門医へのご相談をおすすめいたします。
  • 広汎性発達障害
  • コミュニケーション・対人関係・社会性の障害、行動にパターン化が見られるという特徴があり、自閉症・アスペルガー症候群・トゥレット症候群などがこれにあたります。
  • 学習障害(LD)
  • 知的な発達に遅れがない場合が多く、聞く・読む・書く・計算するなどの能力の一つまたはいくつかを身につけることに困難が生じます。
  • 注意欠陥多動性障害(AD/HD)
  • 不注意(集中力がない)・他動性(じっとすることができない)・衝動性(善悪を判断せずに行動してしまう)などの特徴が見られます。
認知症について
記憶力などの知的機能が後天的に低下し、社会生活に支障を来す状態を言います。認知症になられたご本人が自ら医療機関を受診したいと申し出る事は非常にまれです。ご家族が少しでも以前との差を感じたなら、出来るだけ早い段階で医療機関の受診をお勧めします。

どの疾患でもそうですが、進行してしまってから治療を開始するより、初期の段階で手を打つことで予後に大きな差が生じるのです。認知症の場合、ある程度治療によって進行を予防することが可能ですし、介護する人を悩ませる徘徊や興奮などの認知症の心理行動症状を改善することが可能です。

一概に認知症と言っても、「アルツハイマー病型認知症」「レビー小体型認知症」「血管性認知症」など、いくつかのタイプに分類されます。タイプによって症状も治療も異なりますので、まずは一度ご相談ください。
心理検査について
当院では臨床心理士による心理検査を行なっており,積極的に診療に用いております。診断の補助として利用したり,治療効果を判定することに利用することもあります。性格傾向や能力の得意不得意を調べる検査もあり,対人関係の持ちにくさや仕事上での能率の悪さなどへの対策を検討するのに用いることもあります。
当院で行なっている心理検査をご紹介します。詳細は診察でご説明いたしますが,ご質問があれば遠慮なくご相談ください。
  • 人格検査(性格傾向などを把握する検査です)
  • 新版TEGⅡ
  • バウムテスト
  • SCT(文章完結テスト)
  • PFスタディー
  • ロールシャッハテスト
  • Five Factor Inventory
  • 発達及び知能検査
  • WAIS-Ⅲ(成人の知能検査)
  • WISC-Ⅳ(小児の知能検査)
  • JART(認知症に関連する検査)
  • 認知機能検査・その他の心理検査
  • SDS(抑うつ検査)
  • STAI(不安についての検査)
  • ブルドン抹消検査(作業能力などの検査)
  • 三宅式記銘力検査
  • PARS-TR(広汎性発達障害についての検査)
  • MSPA(発達障害の特性別評価法)
  • ADAS(認知症の詳細な検査)
  • CAARS(成人ADHDの検査)
  • SCQ(自閉スペクトラム症についての検査)
  • LDI-Q(学習障害についての検査)
  • 知的機能検査(HDSR,N式など)
  • LSAS-J(社交不安についての検査)
  • ADHD-RS(児童期のADHD検査)
  • ご予約・お問い合わせ
    082-286-2335
    受診に迷われている方のご相談もお受けしております。
    診療時間/午前 9:00〜12:30 午後 14:30〜18:00
    休診日/木曜、土曜午後、日曜、祝日
    ▲…土曜日は午前診療のみとなります。(9:00〜14:00まで)
  • 〈診療時間〉
    午前9:00〜12:30
    午後14:30〜18:00